一球入魂 | テレアポNavi

テレアポのコツ・極意

テレアポのコツ・極意を漏れなく紹介。
元リクルートのトップ営業マンが明かす、テレアポから始まる新規開拓営業のノウハウサイト。

一球入魂

オンライン百科事典Wikipediaによれば、
一球入魂(いっきゅうにゅうこん)は、野球に取り組む姿勢を学生野球の父と呼ばれた飛田 穂洲(とびた すいしゅう)が表した言葉です。

西洋伝来のスポーツであるベースボールを、穂洲は日本発祥の武道に通じる「野球道」と捉え、試合よりも練習に取り組む姿勢を重要視し、学生野球は教育の一環であると説きました。また、試合でいかなる状況においても実力を発揮しうるために、練習では常に最善をつくすべしという「練習常善」の言葉を作り、過酷な猛練習の末に真の実力が備わると説きました。

営業マンで考えれば、テレアポは営業としての入門編であり、基礎です。

この基礎を着実に踏むことで、その後の立派な営業マンとしての人生が花開いていくものだと思います。

穂洲は、一球入魂で野球への取り組み姿勢が将来につながることの大切さを説きました。

営業マンとしても、テレアポという一本の電話にどれだけ魂を込めることができるかが、基礎作りとなりその後の営業人生に役立つのだと思います。

テレアポ的には「一本入魂」と言った感じだと思いますが、
先人の知恵・言葉から活力をもらって明日から頑張りましょう!





悩み別解決法

テレアポ神話のウソ

アポを頑張るために